こんなに難しい?税理士試験と難関試験

税理士試験の難易度を検証

税理士ってどんな職業?

税務のプロフェッショナルである税理士ですが、一般的にかなり難易度が高い試験だと言われています。 しかし世の中には数々の試験があり、そのいくつかと比べるとどのくらいの難易度なのでしょうか?また必要とされる勉強量や、試験概要についても説明しています。

どんな勉強方法があるの?

難関である税理士試験に合格する為の勉強方法を公開しています。独学はもちろんの事、予備校やオンラインスクールなど自分のライフスタイルに合わせて勉強する事が重要です。 仕事をしながら勉強して試験に合格する方も毎年多くいますので、必ずしも現役である必要はありません。

合格後のステップ

晴れて税理士試験に合格するととても晴れやかな気持ちになりますが、これはゴールでは無くスタートラインに立ったに過ぎません。 試験合格から税理士になるまでのステップや、独立までの流れを公開しています。合わせて持っておきたい資格についても説明しています。

おすすめリンク

事業承継は一人で迷わない 誰に継がせるか。事業承継はだれかに相談できることもできます。相談先をご紹介します。

難易度が高いと認識される税理士のウソ・ホント

「あると一生食うに困らない職業」「堅い仕事」という話題になると必ず出てくる税理士は、実際にどんな仕事をしているのか?と聞かれると言葉に詰まってしまうケースもあります。
税理士というのは、簡単に言えば税金にまつわる業務を受付していて個人からの相談はもちろんの事、企業や法人の税務も受付しています。節税のアドバイスや申告書の作成が主な仕事で、近年では納税対策を行う為のセミナーを開催している方もいます。
税金に関する法律は数年ペースで改正される事がほとんどで、税理士になったからといって勉強しなければ良い訳では無く反対に税理士になってからが大変といわれています。
そんな大変な職業である税理士はなぜ人気の職業にランクインしているのでしょうか。
理由は複数ありますが資格試験自体の難易度が高く、全ての方がなれる訳ではない事があげられます。特別な職業になりますし、納税は国民の義務なので必ず支払う必要があるので仕事が無くなる事はありません。個人・法人どちらも相手にして仕事が出来るので幅広い知識が得られるのも強みです。また堅実であり大きく社会貢献をしているのも高い需要の理由です。
そんな税理士ですが資格試験の中でも上位に食い込む程、難易度が高いです。どのくらい高いのかだったり、他の資格と比較したりしているのでこれから税理士を目指す方は参考にしてみて下さい。他にも試験対策の勉強方法や、資格取得をした後のステップ、合わせて取得していると心強い資格も公開しています。