こんなに難しい?税理士試験と難関試験

どんな勉強方法があるの?

予備校の特徴

専門的な事を学ぶ場合、勉強方法が重要になりますがスタンダードな方法と言えば予備校・独学です。税理士試験に関しては難易度が高いだけでは無く、膨大な知識が必要なので独学で挑む方はほとんどいません。
多くの方が予備校・オンライン講座になりますが、予備校は何と言っても緊張感を持って授業を受けられるのが特徴です。同じ夢を持った仲間と切磋琢磨したり、講師への質問・レスポンスが早かったりするので、学習していると言う感覚をダイレクトに味わえます。その界隈にいる方しか知らない知識を教えてもらったり、人脈を広げたりするにもぴったりです。
但し予備校はランニングコストがネックですし、社会人だと仕事と予備校の両方に通うのが大変です。

オンライン講座の特徴

ネット環境があればどこでも講座を受けられるオンライン講座は、自宅でゆっくりと受けられるのがメリットです。予備校と同じレベルの講座が受けられますし、理解が薄い部分を繰り返し受けられるのも強みです。
予備校に比べるとコストも安く、交通費なども不要です。動画データがあれば時間帯を気にせずに予習・復習が出来るのも嬉しいポイントです。また予備校と合わせて受講する方もいて、試験直前に受ける事でより合格に近付けます。
但しオンライン講座は実際に人がいる訳では無いのでモチベーションが低下したり、レスポンスが予備校よりも遅かったりするので「わかったフリ」をしてしまうのがデメリットです。この方法は自分でコツコツと勉強出来る方に向いています。